第2類医薬品ニコレットについて

ニコレットはスイスで1978年から開発・発売されたタバコをやめるのをサポートする医薬品で、日本では1994年から、輸入されて、ジョンソン・エンド・ジョンソンと、独占販売権を持つ武田薬品によって販売されてきました。 禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和します。噛むだけのガムタイプで、ドラッグストアや薬局で購入することのできる指定第2類医薬品に分類されます。
指定第2類医薬品とは、副作用に注意が必要な第2類医薬品(かぜ薬・解熱鎮痛剤など)の中でも、特に注意が必要なもの。購入する際は薬剤師や登録販売者に相談することが推進されています。私の場合、よく使用しているネット通販サイトで禁煙治療薬を購入します

使用方法と注意事項ニコレット

ニコレット使用方法としては、1日最大24個までの使用にとどめ、使う期間とともに減らします。通常、1日4~12個から始めて適宜増減するが、1日に31本以上の喫煙をしていた方で1日9~12個が適量ですし、21~30本だった方は6~9個、20本以下だった方は4~6個が適量とされています。初めはこの範囲からはじめ、禁煙に慣れてきた頃に、1週間ごとに1~2個ずつ減らしていきます。1日の使用個数が1~2個となった段階で使用を停止します。なお、使用期間は3ヵ月以上超えてはいけません。

ニコレットの注意事項としては以下の点があります。
1、他のニコチン製剤を使用している、妊婦又は妊娠している、心臓病を有する、アレルギー症状起こした方は服用禁止です。

2、タバコを吸うのを完全に止めて使用すること、また3ヶ月以上使用することも禁じられています。
3、用法容量以上使用すると(ニコチンが過量摂取され、吐き気、めまい、腹痛などの症状があらわれることがある。)。
4.辛みや刺激感を感じたらかむのを止めて、医師に相談してください。
5、本剤はガム製剤であるので飲み込まないこと。また、本剤が入れ歯などに付着し、脱落・損傷を起こすことがあるので、入れ歯などの歯科的治療を受けたことのある方は、使用に際して注意すること。
6.コーヒーや炭酸飲料などを飲んだ後、しばらくは本剤を使用しないこと(本剤の十分な効果が得られないことがある。)。
7、口内に使用する吸入剤やスプレー剤とは同時に使用しないこと(口内・のどの刺激感、のどの痛みなどの症状を悪化させることがある。)。

ニコレットの副作用
ニコレットにはニコチンが含まれているので、副作用が起こる場合もあります。タバコ吸わない方が、タバコを吸ったときに起こる、急性ニコチン中毒のような症状です。また、定められた用量を超えて使用すると、副作用が起きるケースがあります。
ニコレットの副作用として、よく見られるのが口内炎、吐き気、嘔吐、腹部不快感、発疹、かゆみ、頭痛、めまい、動悸などです。
ニコレットには少量のニコチンが含まれていると言いましたが、これこそ一番注意しなくてはいけない副作用を引き起こす原因となります。情報によると、ニコレットの使用は3ヶ月以上、長期間や多量に使用することによって、タバコによるニコチン依存が、ニコレットによるニコチン依存へと引き継がれる可能性があるからです。ニコチン依存症とは、ニコチンを継続的に摂取し続けた結果自分では摂取をやめられなくなってしまう状態です。

チャンピックス・スターターパックとは、ファイザーによって開発された世界で初めての禁煙補助薬品です。多くの体験者によって、3ヶ月の服用で68%以上の禁煙率を得ることが出来ると報告されています。

ニコテックスとは、禁煙治療薬二コレットのジェネリック医薬品で、先発薬の二コレットと同一成分を配合し、製造された薬です。それで、二コレットと同じな効果があるだけでなく、研究費用が必要でないことで、もっと安価で購入できます。